本当はシャンパンが好きですが、スパークリングワインでお茶を濁すことが多いです。
何たって価格が違いますから。
もっとも、雲泥の差というのはおそらくこのようなことを指すのでしょう。
とはいえ、スパークリングも美味しいことには変わりありません。

最近、スパークリングの美味しさに再び開眼、宅飲みがとみに増えています。
まずいことに私は飲めるタチで、すぐに1本空けてしまいます。
せっかく買ったシャンパンストッパーも出番がないほどです。


ただ、ここのところ辛口のスパークリングに出会っていません。
というのは、一つには節約と称して価格の安いものを選んでいるからです。
とはいうものの、1300円程度のものを選んでいるのですから、もっと辛口であってもいいはずなのです。
今度は違うお酒屋さんに行ってみようと思います。


Comments are closed.